どまつり!2018年ど真ん中祭りの見どころと楽しみ方!

日本の夏。お祭りの季節になりましたね。
暑い季節だからこそ、アツイ場所へ行くのも、なんともオツな楽しみ方ですよね。

地元のお祭りものんびりできて良いですが、日本でも指折りの大きなお祭りも気になりませんか?
今回は日本最大級のお祭り、「にっぽんど真ん中祭り・通称“どまつり“」をご紹介します。

どまつりとは?

愛知県で毎年8月の最終週に開催される日本最大級の踊りのお祭りです。

今年は8月25日(土)、26日(日)開催のお祭り。24日(金)が前夜祭です。

1999年に学生を中心に始まったお祭りも今年で20回。名前の「どまつり」の「ど」は「日本のど真ん中」という意味と、「土着」の「ど(土)」という意味からきているそう。

どまつりは踊りをメインとしたお祭りで、1999年には参加チームは26チーム、現在は200を超えるチームが全国から集まっています。

地元の魅力や歴史を、踊りを通して披露しているどまつり。そしてその踊りは、鳴子が必須アイテムになっています。どれも軽妙かつ、ダイナミックでエネルギッシュな踊りがみられるということで、日本の元気な夏が楽しめますね。

どまつりの見どころ!

食が楽しい!ご当地ぐるめぱーく

このどまつり、踊りがメインのお祭りですが、食が楽しいことでも有名です。

お祭りといえば屋台も楽しみの一つですが、その屋台は全国各地からおいしいものが大集合。

北は北海道、南は九州まで、食べ物もど真ん中に集まっています。それも、昨年の内容を見てみると「焼きホタテ」や「天むす」、「飲むヨーグルト」など結構グルメなフードのラインナップです。

また、例年大手飲料メーカーなども協賛になっていて、おいしいドリンクも楽しめるそうです。

なんといっても「ご当地」の踊り!


各会場で、それぞれのチームの圧巻の踊りが楽しめます。

それぞれの地元の民謡を必ず盛り込んで、各地の魅力をアピールしているので、各地域の雰囲気を楽しめます。高知よさこい系踊り、ソーラン節などメジャーどころはもちろん、岡山のうらじゃなど、日本全国各地の踊りが楽しめるチームも。

踊りで表現するものは、本能寺の変や、若宮まつり、桃太郎、熊本の祭りなど各地の地元にちなんだ様々なもの。

どまつり公式サイトの、チーム紹介のページでは各チームのテーマや、最年長最年少参加者、男女の数などチーム構成まで紹介されています。一度目を通しておくと、気になるチームを発掘できそうです。

一生を通しても、簡単に全国制覇は難しいですが、どまつりに来れば各地の魅力を知ることだけでなく、体感することができそうです。

24日(金)の前夜祭では、昨年度の上位チームが演舞を披露してくれます。どまつりの歴史を感じながら、翌日へボルテージが高まりますね!

楽しめる会場はなんと19ヶ所!

会場は名古屋駅だけでなく、名古屋市を中心に様々な市をまたいで行われます。各会場をつなげると、半径約20キロが会場となる大規模なお祭り。どまつりの日に、ひときわ賑やかな愛知県を周遊できるのも楽しみのひとつですね。

どまつりをもっと楽しむためには?

多様な場面を愛知県の中心で楽しめるどまつり。満喫したい!と思ったあなた!楽しむために、交通や場所について、抑えておいていただきたいポイントがあります。

ドニチエコキップがおすすめ!

19ヶ所の観覧場所を回る際には、市バスや地下鉄全線1日乗り放題の「ドニチエコキップ」がおすすめです。

大人600円、子供300円という格安で乗車できます。たくさん会場を観てたくさん食べて、満喫したいお祭り当日には嬉しい金額ですね。

ファイナル・セミファイナルの無料観覧場所は早めに確保!

栄駅から近くの久屋大通公園会場は、金曜日の前夜祭、ファイナルコンテストなど注目の演舞が観ることができるメインステージ。

混雑が予想されるため、無料観覧スペースと有料観覧スペースが用意されています。

ステージ真正面の無料観覧スペースは大変な人気で、15時頃から場所のめどをつけておいたほうがよさそう。

有料観覧スペースも、7月6日からチケットぴあなどで販売開始ですが、早く完売することもあるようです。

間近で圧巻の踊りを体感したいという方は、ぜひ早めに購入しておきましょう。

まとめ

ご当地の様々な文化が垣間見える、粋なお祭り「どまつり」いかがでしたでしょうか?

様々な団体が一緒に演舞するお祭りは全国各地で開催されていますが、「よさこいならよさこいだけ」、「ソーラン節ならソーラン節だけ」というお祭りも多いです。

そんななか、どまつりのように、「各々の地元をアピールしよう!」というコンセプトは何ともユニークですよね。

全国各地から集まった演舞団体が、思い思いに鳴子を鳴らし、舞う姿はきっと感動するはず。今年はぜひ、どまつりを体感してみませんか?

8月25日(土)~26日(日)
開催場所:名古屋市中区栄・久屋大通公園会場 他
公式サイト〈http://www.domatsuri.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください