【体操服のゼッケン】学年を書き換える方法3選!時短間違いなし!

毎年、学年が進級するたびにやってくるのがゼッケンの書き換え。

これが意外と面倒・・

マジックで直接書いたりするとにじんでしまったり、付け替えがしやすいように粗く縫い付けると簡単に取れちゃうし。

なにか簡単な方法があればうれしいですよね・・

当サイトでは面倒な体操服のゼッケンの縫い付けにおすすめな方法を3つ紹介します!

【体操服のゼッケン】学年を書き換える方法3選

学年が変わったときの体操服のゼッケンの書き換え方法は以下の3つです。

  • ゼッケンそのものを張り替える
  • 文字だけを修正する
  • 上からネームテープを張り付ける

これらの3つの方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

では1つずつ見ていきましょう。

①ゼッケンそのものを張り替える方法

一般的な家庭ではこのゼッケンそのものを張り替えるという人が多いと思います。

手間がかかりますが、これが一番キレイに張り替えられますよね。

張り替えるゼッケンは学年を手書きする人もいれば、印字されたゼッケンを使う人もいますね。

印字されたゼッケンは普通の市販されているゼッケンに比べて高くなりますが、きれいに仕上げることが可能です。

メリット
・綺麗に仕上げることができる

デメリット
・手間がかかる
・当たらしいゼッケンを買う必要がある

印字されたゼッケンはこちらで購入できます↓

②文字だけを修正する方法

布専用の修正液を使用し、マジックで書いた文字だけを書き換える方法です。

縫い付ける手間がかからないため時間を短縮することが出来ます。

しかし、上手く修正できないと汚くなってしまうため注意が必要です。

メリット
・時間がかからない
・新しいゼッケンは必要ない

デメリット
・ゼッケンが汚れてしまう
・きれいに仕上げるのが難しい

③上からネームテープをつける方法

一番簡単な学年書き換え方法です。

市販のネームテープを購入し、学年やクラスを記載してアイロンで貼り付けるだけです。

ネームテープは、手提げかばんや巾着などに名前をつけるために使われる縦長のシートです。

ネームテープは学校の最寄りの学生服専門店であったり、100円ショップでも購入が可能です。

メリット
・きれいに仕上げることができる
・時間がかからない

デメリット
・ネームテープの購入が必要

アイロンでつけたゼッケンを取れないようににするマル秘テク

アイロンで張り付かけるタイプのゼッケンは剥がれてしまう危険性がありますが、ちょっと工夫すればネームテープが剥がれにくくなります。

・角を丸く切ってからつける。

・濡らしたあて布をゼッケンの上に置いてアイロンをする。

ゼッケンは角から取れてしまうことが多いため角を丸くすることで剥がれを防げます。

アイロンで張り付ける際はただ上からアイロンをかけるのではなく、濡らしたあて布を敷いてその上からアイロンする必要があります。

説明書などにも記載されているはずなのでしっかり読んでみてくださいね♪

貼り付けた後に失敗に気づき、剥がしたい時は、もう一度あて布を熱することで剥がすこともできます。

どうしても剥がれるという時は、最終手段として縫い付けるという方法もありますね。

まとめ

体操服の学年を書き換える方法を3つ紹介しました。

一番きれいに仕上げたいなら、ゼッケンそのものを張り替える方法です。

お手軽な方法なら、修正液を使った文字け修正する方法、または市販のネームテープを使う方法です。

それぞれの方法に、メリットデメリットがありますので、あなたの環境に合わせて選択してみてくださいね。