「今すぐ運を開きたい!」そんな時に使える5つの方法!

 

「なんだか最近パッとしない」「運気が滞っている気がする」「辛いや不安を感じることが多い」など、うまくいっていないと感じることが多い人は今すぐ運を開く「行動」を「習慣」にしてみませんか。

実は周りや環境が悪いのではなくあなたが悪いのではなく、「タイミング」が合っていなかったり、起こることに対する解釈力を手にすればいいのかもしれません。

これからご紹介する開運の5つの方法を取り入れることで「あ、なんか変わったかも」を日常に取り入れて行きましょう。

1.掃除

開運のひとつは「掃除」です。聞いたことがあるし、本当に効果があるのかな?と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

または、掃除なんて毎日やってるけれど良い事なんて起こらないという方もいらっしゃるかもしれません。

掃除を「開運」と言うには理由があります。それは幸運への「スペース」を開けるためです。握り締めた両手では何も掴めません。まずは自分にとって不要なものを手放すことから始めましょう。

また、雑巾で床や家具を磨くのは自分の心を磨くためと言われています。

今何かにつまずいている人は、もしかしたら視界が曇ってしまっているのかもしれません。知らず知らずのうちに溜めてしまった他人からの価値観、親の期待、一般常識といわれる価値観。

それらが悪いことなのではなく、それらを踏まえたうえで本当に自分に必要なことが見えなくなってしまったのかもしれません。

そして目の前にある情報に可否を下して毎日を過ごしている、そんな風になってしまっていると心当たりがある人は、まずは「今の自分」に不必要なものを手放しましょう。

「やってみようかな」が今のタイミングかもしれません。

2.感動を感じに“行く”

映画やミュージカル、遊園地、旅行など、「わぁ!」と感動が得られる場所へ自分から行きましょう。「面倒くさい」「時間がない」「お金がない」と考えている人は今すぐに運を開くチャンスです!

すぐにはできない、という人もいつもとは違うジャンルに曲を聴くということでもOKです。新しい発見があり気持ちが変わることが大切です。

水がたまり場にあると濁るように、いつもと同じ場所、いつもと同じ人との中では運気も滞ってしまいます。

人は感動して心が大きく満たされた瞬間、とても高い周波数を出しています。とても細かく振動し、体内に溜まった古いエネルギーを吹き飛ばしてしまいます。

あまりの感動に今まで悩んでいたことを忘れてしまった、あるいは、「どうでもいいや」と思えてしまう瞬間を体験すると今まで滞っていた物事が進んだり、今までと違った見方ができるかもしれません。

3.いつもと違う通勤方法を選択する

朝の起床時間、使う交通手段が一緒で代わり映えのない日々と感じている人もいるのではないでしょうか。

そんな人にとっての開運のひとつは、たまに早起きをして、家の周りを外周してから朝食を摂る、通勤をバスではなく電車を使うなど実践してみてはいかがでしょうか。

ひと駅前で降りて朝食をカフェで摂ってから出勤でもいいかもしれません。

朝起きてから夜眠るまで、実は自分が全ての行動を選択することができます。

しかしながら、「いつもと同じ」で、安全領域にいたいというのが人間の心理ですので、運を開きたい!という人はいつもと違う行動を取ることが開運の秘訣だったりするので、いきなり遠くに出かけたりすることができない人は、ルーティンの生活の一部を変えるところから始めてみましょう

4.尊敬する人に会いにいく

人はエネルギーの存在なので、運が開けていないという人は同じエネルギーを受け取り続けている可能性があります。

将来の自分について迷っている方や、「こうありたい」という理想の自分に対して、今何をしたらいいのか、現実の自分を打開していきたいと思う人はまずは自分の理想としている人に会いに行き、運を良くしていきましょう。

「尊敬する」と他人に対して思うとき、実はその尊敬する部分は「あなたの中にも内在していますよ」と他人を通して教えてくれているという合図になります。

実際に会いにいくことができないときは、ブログや本などを通してエネルギーを受け取るだけで変化を感じることができますのでぜひ習慣にしてみてください。

5.自分自身と向き合う

運を開いていく方法のひとつに「自分自身と向き合う」ことを実践してみましょう。

この方法は他の方法と比べて今すぐに気づきを得て、すぐに行動に移すことが出来る人もいますが、時間をかけて少しづつ運を貯めて、大きく開いていくという人もいるでしょう。

日常生活の中で「なんとなくついてないな」「運がないな」と感じている人は、「自分が何をしていると楽しいのか」や「自分がどんな状態だと幸せを感じるのか」ということに対して心が開けていないのかもしれません。

キーワードは「夢中ではまったこと」「苦労なく人や対象に施すことができる」など、これらを掘り下げていってみましょう。

まとめ

いかがでしたか?「運を開きたい」という思いは「今より良くなりたい」「本当の自分の歓びに素直になりたい」ということではないでしょうか。ぜひ、日常に取り入れることで変化を体感していただけたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください